精力増強サプリメントの選び方

車はその保安基準と税制内であれば自由に改造することができますが、少しでも過激なものになると簡単にその制限を超えてしまうことが多いようです。

 

 

 

チューニングカーではエンジンの内部や排気量などまでチェックはしませんので、エンジン内部のチューニングは全く問題ありません。

 

 

 

それに対して非常にうるさいのがマフラーの排気音と排ガス濃度、最低地上高で、規定の数値を超えるものはすべて再検査となります。

 

 

 

ドレスアップカーにとって大きな制限となるのがボディ寸法で、車検証に記載されている外形寸法と大きく寸法が異なる場合は、それも再検査の対象になります。

 

 

 

オーバーフェンダーやフロントバンパーの形状によっては規定の外形寸法を超えることもあり、また5ナンバー枠を超えてしまった場合にはナンバーを新たに申請しなければなりません。

 

 

 

最近では少しずつ柔軟性を持つようになってきて、車検対応パーツなども売られるようになりましたが、基本的には「改造=車検はパスできない」というものになっていますので、車検の時だけでもノーマルに戻した方がいいでしょう。

 

 

 

改造車と車検は昔から犬猿の仲にあります。車検は、車が安全に運航できる状態か、法律上問題がない状態かどうかを判断するもので、車全体をくまなく見られることになります。

 

 

 

基準となるのは保安基準と税制で、保安基準はその車が安全な車なのかを判断するに使われ、税制は規格のエンジン排気量、ボディ寸法になっているかを判断するのに使われます。